計算状態図データベース

計算状態図データベース (CPDDB)

計算状態図データベースでは、CALPHAD法による熱力学解析により得られた各相のギブスエネルギー関数をまとめたデータベースファイル(TDBファイル)を集録しています。このTDBファイルと熱力学計算ソフトウェアを用いることで、各種熱力学量、相平衡、状態図を求めることができます。現在500種類以上の一元系、二元系、多元系合金状態図のTDBファイルが集録されています。

状態図の新たな表現方法として、相境界・相領域をデジタル化したファイル(PDDBファイル)の集録を開始しました。これにより、相境界を計算ではなく検索で求めることが可能となり、さらに熱力学量データのレイヤーを重ねてゆくための「デジタル材料地図」への基盤となります。PDDBファイル(JSON形式)を使用するにはDigiPDプログラムが必要となります。デモ版を本ウェブサイトからダウンロードしてお使いください。

重要なお知らせ

MatNaviでは、材料データプラットフォーム(DICE)の各サービスとの連携を目的として、2023/1/17よりDICEアカウント(共通ID)を導入いたします。
DICEアカウントへの移行により、ユーザ登録からMatNavi利用までが変わります。詳しくはこちら(リンク)をご確認ください。

データの大量ダウンロードは禁止

データのウェブスクレイピングは禁止です!
手動や機械的な方法を問わず、まとまったデータ量の取得はMatNaviサービス利用約款により禁止されています。
違反と認められるデータアクセスの可能性があるとき、ユーザアカウントを停止します。
MatNaviデータベースのサービスが存続できなくなりますので、利用約款の順守をお願いします。

NEWS

注意事項

  • このデータベースシステムの著作権は,国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)にあります。
  • このデータベースシステムをNIMSに無断で転載、複製、第三者へ配布することを禁止します。
  • このデータベースシステムの使用により使用者が被ったいかなる損害に対しても、NIMSは一切の責任を負いません。

必須環境

対応OS:Windows 8.1以上
対応ブラウザ:Microsoft Edge、Google Chrome、Firefox

PAGE TOP